ウェブマガジン旅色の鹿児島グルメ&観光特集に紹介されました

黒糖焼酎について

甘い香りで糖分ゼロの蒸留酒

奄美群島には、日本唯一この島々だけで造られている蒸留酒があります。それが「黒糖焼酎」です。
ブランデーやウイスキーと同じ蒸留酒であるため、透明で糖分はゼロといううれしいお酒です。口に含むとサトウキビから造った黒糖のやさしい香りと、米麹由来の芳醇な風味が広がり、奄美の自然と情熱を感じさせる本格焼酎として、昔から多くのファンに愛飲されてきました。
また、黒糖焼酎はロックやお湯割りやカクテルなど、いろいろなバリエーションが楽しめるのも大きな特徴で、二日酔いになりにくい健康にやさしいお酒としても、幅広い人気を集めています。

黒糖焼酎の歴史

世界の蒸留酒

蒸留酒は、古代ギリシャの哲学者アリストテレスが蒸留技術を実験したことから始まったと言われています。やがてこの製法は西方ではブランデーやウイスキー、ウォッカなどを生み、また東方ではシルクロードを経てインドでアラック、中国で焼酒、タイでラオ・ロン、琉球に至って泡盛を生み出します。その後、奄美の島々でサトウキビと出会い、現在の黒糖焼酎が生まれました。

黒糖焼酎の歴史

オンリーワンの黒糖焼酎

奄美におけるサトウキビ栽培の歴史は、今から400年ほど前にさかのぼるといわれています。1609年に奄美の島々は薩摩の直轄地となりますが、その14年後は焼酎の貢納を命じていることから、このときすでに蒸留技術があったと考えられます。
奄美大島に遠島になった名越左源太が著した『南島雑話』(1850〜1855)には、椎の実、粟、蘇鉄や留汁焼酎(サトウキビを絞った汁を澄まし焼酎に入れる)など、様々な焼酎づくりが紹介されています。しかし黒糖は藩の専売で、庶民が勝手に扱えないものでした。
明治になると泡盛の製法は沖縄から奄美に伝えられ、自家製造も盛んとなります。第二次世界大戦後の米軍統治では、不足する米の替わりに黒糖を溶かし入れるようになり、現在に至る黒糖焼酎が完成しました。昭和28年12月、奄美群島が日本に復帰するときにこの実績が配慮され、日本の酒税法の特例通達で黒糖を使っての製造は奄美群島に限り認められました。

黒糖焼酎の楽しみ方

お湯割り

グラスに焼酎とお湯を6対4の割合で注ぎ、人肌ぐらいの燗(かん)にする。このとき、始めにお湯を注いでから焼酎を入れると、香りがいっそう引き立ち、味も深みを増す。レモンスライスを浮かべれば風味豊かなお湯割りに。梅干しもOK。

オンザロック

グラスに大きめの氷を1〜2個入れ、焼酎を7分目ぐらい注ぐ。レモンスライスを浮かべればよりフレッシュな口当たりに。

焼酎ライム

グラスに氷を2〜3個入れ、焼酎と炭酸を3対7の割合で注ぎ、ライムを加えてよくかき混ぜる。

オリジナルカクテル曙

奄美大島産の熟成された黒糖焼酎をベースに、オレンジ風味のリキュールで南国の曙を表現した、パイナップル・ジュースの味がアクセントのカクテル。
黒糖焼酎は原料、製法がラムとほとんど同じなので、カクテルのベースにもなる。

材料

黒糖焼酎(里の曙原酒) 25ml グランマニエル 10ml パイナップル・ジュース 15ml グレナデン・シロップ 1tsp レモン・ジュース 1tsp

作り方

1.シェーカーに材料と氷を入れ、シェークし、グラスに注ぐ。
2.チェリーとオレンジ・ピールで彩る。

水割り

グラスの淵まで氷を入れ、焼酎を6分目ぐらい注ぎ優しく混ぜる。ミネラルウォーターを注ぎ2〜3回軽く混ぜる。

ウーロン割り

グラスに氷を2〜3個入れ、焼酎と冷たいウーロン茶を5対5の割合で注ぎ、よくかき混ぜる。

カッパ割り

キュウリのスライスと氷を入れてクラッシュ。さわやかな香りが口にひろがる。

アセロラ割り

氷を入れたグラスに焼酎をそそぎ、南国の果実アセロラジュースで割る。見た目も美しく、健康的。その他パッションジュースやグアバジュースでもOK。

パッションフルーツ酒

パッションフルーツを半分に切って、黒糖焼酎(おすすめは、もちろん里の曙)を中に注ぎ、スプーンで種の周りをよく混ぜれば完成。

パッションの爽やかな香りとプチプチとした食感に、黒糖焼酎のフルーティーな旨みがよく合うリゾート気分を堪能できる飲み方です。